スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

料理を楽しむのは季節を感じたいから「澪つくし」

暑さを少し感じると季節感のある食材が食べたくなります
鱧、ばかりは韓国産のほうが皮が柔らかくうまいです。
蓮根は根野菜水からゆでて灰汁をとりました。
ミンチにカレー粉を混ぜてすご~くうまくできました。
うざくではなく、アナゴざく
鰻は高騰、日本の文化さあどうなるのだろう!


DSC00342.jpg

高田 郁さんの本んに8巻ある
「澪つくし」や「銀二貫」すごく面白くて宝塚の方
お会いしたくなります。どうしてあんな小説が書けるのかすごいです。

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05/15)
高田 郁

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。