スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

京都の八清さんでリノベーション勉強会

京都の町家再生を手がける八清さんの
ご好意で町家普請「まちやふしん」良い言葉です。

北村傳兵衛氏の手がけた元人形師のご自宅を
再生プロジェクトで現地を訪ねました。
八清の上村さんありがとうございます。
IMG_0164_convert_20120621185010.jpg
この時代では珍しい凝った2階建てで
2階部分からの月見は最高の苦心された普請です。
IMG_0135_convert_20120621185234.jpg
国産と思われる椅子が庭を佇むように残っています。
いくつもの時代を今も主の帰りを待つように庭を眺めていました。
IMG_0149_convert_20120621190113.jpg
窓の格子、サイズ、2方向からの開放
腰高の窓、良い雰囲気です。
IMG_0139_convert_20120621190352.jpg
今では造れないだろうなと思います
現場での細工と陽だまりの角度の苦心の後を感じます。
(1階から天井を撮影しました)
IMG_0142_convert_20120621190825.jpg
住宅設備機器メーカーではない
洗面です。タイル職人が作り上げた洗面台
お風呂は水漏れで劣化したのでしょうホーローに入替えられていました。
窓の角度が面白く換気扇の無い時代の配慮です。

この後20:30分まで研修会議をして、一献
京都駅、最終近くギリセーフ有意義な雰囲気とお知恵を頂戴しました。
____________________________
新田 次郎

日本をからアラスカに明治時代に行く勇気は果てしない
フォロンティアスピリッツです。

飢餓に苦しむエスキモーのために新天地を築いた
実在の人物の物語です。

新田次郎の本は多く映画になります。
改めてDVDを買おうと思います。
この本を読み随分たってアラスカエスキモーの世界に
旅をしました。忘れることができないオーロラと蝦夷鹿の味です。

新たなことへのスピリッツ小さくてもいいので
続けたく思います。

アラスカ物語 (新潮文庫)アラスカ物語 (新潮文庫)
(1980/11)
新田 次郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。